AMY&PINK

慶應義塾大学SFC 映画研究会

 

News

5/22に映画監督 奥秀太郎ワークショップが行われました。

okuws10

okuws05

SFC学生の他にもたくさんの学生が参加し、大盛況でした。映画で使用するカメラについて、演技についてなど、監督の講義を皆さん興味深く聞いていました。
奥監督の最新作『USB』は渋谷シネマライズで絶賛上映中です。http://www.usb-movie.com/


奥秀太郎監督略歴
1975年生まれ、東京都出身。02年、初監督作『壊音 KAI-ON』がソウル映画祭 で「special mention」を受賞した。以降、『日雇い刑事』『日本の裸族』『赤線』などコンスタントに作品を発表。06年には『カインの末裔』が第57回ベルリン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭から正式招待を受けた。08年、オール女性キャストによる異色作『ドモ又の死』を公開。最新作は『USB』(渡辺一志、桃井かおり、峯田和伸、出演)。http://www.okushutaro.com/(奥秀太郎公式サイト)

▼ワークショップ告知webページ
http://move.sfc.keio.ac.jp/event/okuws.html

1 Kommentar

  1. TAMA映画フォーラム実行委員会:

    突然の書き込み失礼いたします。

    TAMA映画フォーラム実行委員会では、新人映画監督を対象とした
    コンペティション「第10回 TAMA NEWWAVE(2009.11.22)」の一般審査員50名を募集しております。
    日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発掘に、あなたも立会いませんか?

    【 募 集 要 項 】
    ●審査及び授賞式開催日:2009年11月22日(日) 10時~19時20分頃
    ●会場:ヴィータホール(多摩市立関戸公民館)京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩2分
    ●応募資格:当日、全ノミネート作品を鑑賞し審査できること
    ●応募方法:
    E-mail: nw_judge_subscribe@tamaeiga.org
    メール件名を「審査員応募」とご記入の上、
    住所、氏名、電話番号、E-mailアドレス、自己PR(どんな映画を見ているか等)を添えて応募ください。
    ※応募にあたりご提供いただいた個人情報は、応募結果の通知、及び当委員会が主催する各種イベントのご案内のためにのみ使用します。
    ●応募特典:
    ・審査日当日の入場を無料とします。また映画祭のパンフレットをプレゼント致します。
    ・11/21(土)及び11/23(祝)第1部のヴィータホールのプログラムに無料でご招待予定
    ・11/25(水)~27(金)に開催される「TAMA NEW WAVE ある視点」(会場:ベルブホール)に無料ご招待
    ●応募締め切り:11月14日(土)まで。定員になり次第締め切り。

    ノミネート作品、予告編、映画祭プログラムはこちら↓
    http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/rewrite/10th/nominate.html
    http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd2/rewrite/10th/trailer.html
    http://www.tamaeiga.org/modules/tinyd1/rewrite/19th/program.html

    [お問い合わせ]
     TAMA映画フォーラム実行委員会 NW担当
     nw_judge_subscribe@tamaeiga.org
    http://www.tamaeiga.org/

    以上、よろしくお願い致します。

Leave a Reply